2018年7月3日(火)

男性平均寿命日本一の県と世界シェアトップブランドの「ケロッグ」が組んだ “腸寿”サポートプロジェクト

滋賀県の日本一といえば、琵琶湖をイメージされる方が多いと思いますが、なんと男性平均寿命日本一は滋賀県だということを知っていましたか?

そんな滋賀県は現在、県民の健康づくりを図るために「健康しが」コ・クリエーション事業を展開し、更なる健康長寿に向けて2018年より日本ケロッグ合同会社との産官学連携の共創プロジェクトをスタートしました。

 

日本ケロッグ合同会社は、シリアル日本発売55周年記念を迎えた2018年を契機に、シリアルを通じシニアの食と栄養をサポートする「腸寿サポートプロジェクト」を開始。

第1弾のアクティブシニア向けシリアル無償提供プロジェクト続き、第2弾は、男性の平均寿命全国1位の「滋賀県」との協業で、「食と栄養」の観点から2つのプロジェクトを推進。

 

プロジェクト①は、【滋賀県竜王町を舞台にした健康推進施策~市が研竜王町「2週間 おとな腸活チャレンジ」の実施。

地域ぐるみで健康への取り組みが盛んな滋賀県では、「健康推進委員」が地域の健康づくりをサポートしています。

県の中でも健康推進委員の割合が高い竜王町と共同で開発したプログラム「りゅうおう 2週間 おとな腸活チャレンジ」をスタートする。

本プログラムは、竜王町が実施する「りゅうおう健康ベジ7(セブン)チャレンジの一環として企画された健康施策で、腸の奥まで届く食物繊維が豊富に含まれたケロッグ社製シリアル「オールブラウン プレミアム」を活用することで、シニア層を対象に不足しがちな食物繊維を食生活の中で手軽に摂取してもらい、「腸活」から更なる健康長寿を目指すことを目的としています。

9月より一般向けプログラムとして正式にスタートする予定で、竜王町での実証後、滋賀県他地域での実施も検討とのこと。

 

プロジェクト②

長寿県・滋賀県の「食」を進化形グローバルフードに!

-近江腸食(おうみちょうしょく)プロジェクト-

 

滋賀県の著寿を支える伝統食には、豊かな湖水文化を背景に発達した鮒寿司などの「発酵食」が多く含まれ、その発酵食を中心とした滋賀県の伝統食材をベースに「腸」の奥まで届く自然由来の食物繊維を豊富に含むシリアル「ケロッグ オールブラウン」を掛けあわせたメニュー開発に挑戦。

「長寿県・滋賀の食」を「近江腸食(おうみちょうしょく)」と称しプロデュースし、7月7日(土)より、東京・日本橋の「ここ滋賀」内にあるレストラン 滋乃味(じのみ)にて期間限定メニューを提供する。

1食(デザートセットの場合)で約18 gの食物繊維が含まれていて、1日に必要な食物繊維の摂取目標量*をこの1食だけでほとんど摂取することができるとのこと。

なお、「近江腸食」は、2018年秋を目処に滋賀県内各所のレストランでも提供を開始する予定。滋賀県の「食と健康」に「びわイチ」などの長期滞在型観光の要素を掛け合わせ「健康しが」が提唱する「ヘルスツーリズム」を体現する新たな観光要素としての発展を目指す。

 

「近江腸食」定食

※11:30~14:00 限定5食/日

価格:2200円(税込)

(デザートセット+300円/ デザート単品500円)

①滋賀野菜とオールブランのシーザーサラダ

②オールブランと鮒寿司のガレット風

③オールブランと小鮎の南蛮漬け

④オールブランと近江牛の味噌漬け焼き

⑤モロコのつみれ汁

⑥[デザート]朝食ブランチーズケーキ

 

■ここ滋賀「滋乃味(じのみ)」

[所在地]

東京都中央区日本橋2-7-1 2F

[営業時間]

11:30〜14:00(ラストオーダー13:30)/

18:00〜23:00(ラストオーダー22:00)

 

「企業」と「自治体」が共創し具体的に取り組むこのプロジェクトは、他の企業や自治体にとっても参考なるのではないでしょうか。

さらに「シリアル」と「発酵食」など、日本の伝統食と世界の伝統食との組み合わせは、地域の活性とともにあらたなムーブメントを起こす可能性も秘めています。

今後の展開にも注目してきたいと思います。

 

※「健康しが」コ・クリエーション事業について

滋賀県では、更なる健康長寿に向け、食・スポーツ・環境・文化・教育・産業振興などの様々な観点から、多様な主体が一体になって県民の健康づくりのための新たな活動の創出を目指す共創プロジェクト「健康しが」コ・クリエーション事業を推進しています。

(1)「健康しが」共創会議の設置企業・地域団体・大学・自治体等の多様な主体との連携により、県民の健康づくりのための新たな活動の創出につなげていくため、そのためのアイデアを持ち寄り、語り合う場として、「健康しが」共創会議を設置する

(目的)県民の健康に対する意識の向上と行動の促進

(コンセプト)参加者が同じ方向を目指した主体的な活動の展開

(機能)県民の健康づくりのための活動を創出するプラットフォーム

(2)「みんなで創る健康しが」フォーラムの開催健康長寿県しがのイメージを広く発信し、県民のみなさんが健康について考える機会として、「みんなで創る健康しが」フォーラムを開催する。

(3)「健康しが」県民意識調査の実施健康に対してどのようなイメージを持っているかなど、県民のみなさんの健康に関する意識や行動などについて、聞き取り調査を実施する。

(4)「健康しが」情報発信事業健康づくりに関する様々な情報やイベント、県内での取組を、分かりやすく、タイムリーに発信することを目的として、「健康しが」ポータルサイトを開設する。

(5)健康寿命延伸のためのデータ活用事業の実施健康長寿県しがの「見える化」を図るため、健康・医療・介護等に関する各種データと平均寿命・健康寿命の関係性を分析する

 

プレスリリースに関するお問合せ先:

日本ケロッグPR事務局 担当:田畑(たばた)、神藤(じんどう)、鬼塚(おにつか)

TEL:03-5771-9956 / FAX:03-5771-3831 / E-mail : kellogg@prinfo.jp

記事がまだございません。お楽しみにお待ちください!