試験概要・過去問

社会人・就業者の方へのご案内はこちら

試験概要

フードスペシャリスト資格の対象
「フードスペシャリスト資格」の受験対象は原則として学生を対象としておりましたが、食品開発と食品流通・サービスの「専門フードスペシャリスト資格」は食品関連業界での経験者にも受験していただくことができます。
-試験日程
平成30年12月16日(日) 11時10分から12時30分まで
※試験は1年に1回のみ実施しています。
-受験申請期間
平成30年7月1日(日)から9月30日(日)
-受験料
  • ●専門フードスペシャリスト(食品開発)資格認定試験 10,000円
  • ●専門フードスペシャリスト(食品流通・サービス)資格認定試験 10,000円

フードスペシャリスト資格認定試験

フードスペシャリスト資格には3つの試験があります。
  • 1.フードスペシャリスト資格
  • 2.専門フードスペシャリスト(食品開発)資格
  • 3.専門フードスペシャリスト(食品流通・サービス)資格

受験者数・合格率などは、こちらのリンクでご確認いただけます。
http://www.jafs.org/becomeSpecialistFood.html

社会人・就業者の方への資格

社会人・就業者のためのフードスペシャリスト資格とは

大学・短大で「食」に関する総合的・体系的な知識・技術を身につけ、豊かで安全かつバランスのとれた「食」を消費者に提案できる力を持つ「食」の専門職、それがフードスペシャリストです。協会が認定した養成機関(大学、短期大学等)で専門科目を履修しなければ、受験資格を得ることができません。

2017年度より、社会人受験を試験的に実施することになりました。

食品産業やフードビジネスで専門家として働く社会人のみなさんに、より広い食の知識と教養を再確認していただくためにも受験をお勧めいたします。

社会人受験は、少人数の場合は希望の養成機関で受験していただくことになります。また、企業単位で実施していただくことも可能ですので、その場合はお問合せください。

養成機関はこちらをご参照くださいhttps://foodacademy.jp/colleges/

受験資格(就業者の場合)

1.食品関連企業に在籍し、食品関連企業において以下の業務を行っている方が対象です。
  • 1.製造・調理・加工
  • 2.営業
  • 3.販売
  • 4.マーケティング
  • 5.バイヤー
  • 6.営業計画
  • 7.販売企画
  • 8.研究・開発
  • 9.生産管理
  • 10.品質管理
  • 11.設備管理
  • 12.店舗開発
  • 13.ホール担当
  • 14.物流
  • 15.広報
2.勤務年数(累計)については、以下のとおりとします。
  • 1.大学卒業者 2年以上
  • 2.短期大学卒業者 4年以上
  • 3.高等専門学校卒業者 4年以上
  • 4.その他 5年以上
3.食品関連企業に在籍し、食品関連企業において以下の業務を行っている方が対象です。
平成30年7月1日(日)から9月30日(日)までに、受験に必要な書類を 簡易書留郵便など送達が確認できる方式で、当協会に直接送付して下さい。
http://www.jafs.org/h30_guidance3/exam_written_application.pdf
4.食品関連企業就業者のための受験案内
詳細はこちらにありますので、ダウンロードしてご確認ください。
http://www.jafs.org/h30_guidance3/exam_written_application.pdf

フードスペシャリストになるための必修科目

資格認定試験の出題数と試験時間